事業紹介

  1. TOP >
  2. 事業紹介 | ソリューション事例 7: IoTソリューション

リューション事例 7: IoTソリューション

NTCのIoT

現在、製造業を中心にIoT(Internet of Things)への注目が集まっております。
本格的にIoTに取り組む為には「センサーの選別」「ネットワーク構築」「データベースの用意」「データ分析技術の活用」など様々な要素が必要となります。 また、既存設備への影響を極力なくしつつ無駄にならないデータ収集を行うためには、 センサー・制御機器の設置方法や選定について工夫しなくてはなりません。
NTCは「センサー設置・追加」、「ネットワーク構築」、「データ抽出・加工・蓄積」、「データ見える化・分析・検知」まで 一貫したサービスの提供が可能となります。 また、長い歴史で培った通信システム構築技術、ビッグデータ分析・解析ノウハウを保有して、 センサーなどの制御機器についても、既設のお客様環境に影響を及ぼしにくい機器をそれぞれ提供させていただきます。 それらの技術やノウハウを統合しお客様のご要望やご予算に沿った最適なプラットフォームをご提供いたします。

■サービス事例
インダストリーIoT
工場や製造ラインに対してIoTを活用することで、機器が停止した原因を把握し、故障ロス、チョコ停・空転ロスの削減による設備の効率化、 人感データや操作データからレイアウトの見直しや熟達度による作業効率のムラを抑えるなど、 ムリ、ムラ、ムダをなくし、生産効率を向上します。
プロダクトIoT
自社製品に対してIoTを活用することで、機器のエラーを検知しダウンタイムの最小化やメンテナンスなどの稼働削減、 利用状況や環境データから、アフターサービスの強化や新製品開発のコンセプトを創出します。


IoTの進め方

IoT化を進める上で効果を把握しないまま最初から大規模な開発を行った為、 多大な予算や時間をかけたにも関わらず、効果が出なかったとの声をお客様から度々いただきます。 IoT化を進める際には小規模からスタートし、必要な機器やセンサーの種類、分析手法、データの活用方法などの効果を把握してから順を追って進めることが成功の糸口となります。

STEP1:ミニマムトライアル(IoTスターターキット)
現場担当者様のご予算で「センサーから通信回線、ストレージ、データの見える化、分析」まで 一貫してご利用いただけます。 人感センサーを活用した動作ロスの把握や、 照度センサー・温湿度センサーを活用した環境や設備状態の把握など、 IoT化の効果把握や実施機器の明確化を図ります。
センサーの設置場所を柔軟に変更できるため、期間内に1か所から複数個所のデータを取得し、改善部分を洗い出すことができます。

STEP2:スモールスタート
改善が必要な機器・製造ラインのログデータやセンサーデータの収集・データの見える化・分析を行い、課題となっている原因を究明します。 また、原因となるデータをもとにアラートを発信し、稼働率の改善など課題解決を行います。

STEP3:スケールアップ
IoT化を複数の製造ラインや工場全体に広げ、各工程の効率化を行うことでお客様の収益増を図ります。

インダストリーIoT

製造工程において生産性に係る課題は多く存在します。
設備故障による「故障ロス」をはじめ、設備部品の損傷や破損による「刃具ロス」、 一次的なトラブルの為に設備が停止したり空転による「チョコ停・空転ロス」、 設備効率に寄与する割合も高く課題となっております。 また、人材のスキル差や工場のレイアウト等の「動作ロス」による人の効率、 「歩留りロス」や「エネルギーロス」による原単位の効率も十分に検討しなくてはならない課題です。
NTCは工場内に配置された機器のログデータから稼働状況や生産台数の可視化をはじめ、チョコ停回数・時間の定量化やラインが停止する傾向にあるデータの抽出を行います。 当該データの検知をすることでライン停止の最小化が可能になります。 従業員の機器操作履歴や動線、工場内の温湿度や照度などのセンサーデータを分析することで、人の効率化、原単位の効率化が可能となります。





プロダクトIoT

自社製品の故障によるダウンタイムは顧客満足度に直結します。
機器や部品の消耗による稼働率の低下はお客様の利用頻度や外部環境により異なるため把握できないといった課題があります。
また、保守・メンテナンス時の不具合原因の検討や、現地に赴いてから別の不具合が発覚した際の ログ回収作業や移動などの空稼働による無駄な費用の発生が課題として存在します。
NTCは機器のログデータを遠隔監視やエラー検知をすることでエラーの原因を事前に特定し、ログ回収作業や移動による無駄の削減を行います。 納品・販売した機器の稼働状況や使用回数、温湿度などのデータを分析することで、機器の故障予兆検知を行いアフターサービスの強化や 機器や消耗品の交換タイミングの見える化を行い効率的な営業活動を行うことが可能です。





IoTスターターキット

IoTの導入を検討しているものの、費用対効果やセンサーの設置方法、最適な通信手段、分析手法などが分からず、 課題となっている企業様が多くいらっしゃいます。 NTCではそのような課題を解消するために、IoTにおける全てのフェーズを一貫してお試し頂ける『IoTスターターキット』を破格の値段で提供しております。 センサーの設置場所を自由に変えることができるため期間内で複数個所の効果を確認することが可能になります。 また、NTCでは「IoTスターターキット」で取得したデータを元に 分析レポーティングサービスも実施しており、企業様はレポート結果を活用して、 IoT化の要否、どのようなセンサを設置するべきか、どの部分からIoT化を進めればよいか等、 本格的な検討が可能となります。 『IoTスターターキット』で貴社のIoT化の第一歩を踏み出してはいかがでしょうか。


IoTスターターキットシステム構成