会社概要

  1. TOP >
  2. 会社概要 / 会社の沿革

社の沿革

1960年、弊社は、発展途上国(東南アジア、中近東、アフリカ諸国)における通信網構築のコンサルティング事業を目的に設立され、国内でも通信事業者様、官公庁様からの要請で電話網、各種通信網構築のための調査・設計等を実施してまいりました。 その後、1969年頃から通信事業者様の業務ソフトウェア開発に参画しつつ、事業全体をソフトウェア開発に移行し、特に近年の移動体ネットワークの飛躍的な発展と共に、弊社はネットワーク分野に強みを持つソフトウェア開発企業へと変貌し、今日に至っております。

「通信」のDNAを持つ、トータルICTサービス

主な出来事
NTC 年代 ソフトウェア開発・通信コンサルティング
1960
「日本通信協力株式会社」設立(資本金3000万円)
1960年
1960
日本電信電話公社(現NTT)施設設計業務開始
1963
海外コンサルティング業務初受注(フィリピン)
1966
運輸省航空局受託業務初受注
1969
コンピュータ・ソフト事業開始
  1970年
1970
日本電信電話公社データ通信本部より販売在庫管理システム(DRESS)初受注
1971
世界銀行借款プロジェクト初受注(韓国)
1972
国際協力事業団(JICA)プロジェクト初受注
1974
イラン国大型プロジェクト受注
1975
日本電信電話公社研究所よりソフトウェア初受注
1978
OSIソフトウェアの開発に着手
1980
国際電信電話諮問委員会(現ITU)に加盟
1985
NTTと共同出資により「NTTシステムサービス株式会社(旧NTTデータシステムサービス株式会社)」を設立
1986
OSI商品群の販売開始
1987
KDDとの共同出資により「株式会社オーエスアイ・プラス」設立
1989
新東京国際空港公団等と共同出資により「空港情報通信株式会社」を設立
1980年
1980
日本電信電話公社研究所OAシステムを開発
1983
日本電信電話公社より、INSモデルシステムの各種開発プロジェクトを受注
1985
自動車電話網の開発に参画
新東京国際空港総合通信網に関する調査受注
情報通信ネットワーク(ISDN)のコンサルティング業務開始
1986
NTT国際調達(競争入札)「DDXトラフィック情報収集システム装置類」の共同パートナーに指名される
1987
NTT研究所のAI システム(KBMS)開発に着手
1988
世界初のOSI実用システム「DDXネットワーク監視システム」をNTTに納入
1989
ディジタル移動通信網の開発に参画
1990
社名を「日本情報通信コンサルティング株式会社」に変更
1991
「鈴鹿通信設計株式会社」の株式をNTC100%出資として会社名を「株式会社NTCシステムズ」と改称
資本金を1.4億円に増資
1993
「瀋陽恩悌西計算機工程有限会社」を100%出資会社として設立
1994
「株式会社エヌ・ティ・シィ・テクノロジー」を100%出資会社として設立
1995
資本金を1.8億円に増資
1997
100%出資会社「株式会社NTCシステムズ」を「日本情報通信システム株式会社」に改称
1999
通産省SI企業認定取得((関)18310142)、品質マネジメントシステムISO9001 [JQA-3207] 認証取得
1990年
1992
移動通信サービス制御装置の開発に参画
1993
通信設備管理システム「NAPRE」を開発
移動通信用情報蓄積装置の開発コンサルティング実施
工業技術院研究所情報通信網設計受注
1994
OS「REALIS-μC」を開発し「CTRONオープンForum」に出典
CGを利用したプレゼンテーションビデオ制作
関西空港情報通信インフラ設計受注
1995
次世代移動通信網国際標準化
1996
次世代移動通信網(IMT-2000)の開発に参画
移動パケット通信システムの開発に参画
1999
IMT-2000交換システムの開発に参画
2001
共同出資により「株式会社ジーエス」設立
2003
環境マネジメントシステム ISO14001 [JQA-EM3106] 認証取得
2005
プライバシーマーク取得(2005) 、株式会社NTTデータのビジネスパートナーに認定・登録
2006
情報セキュリティマネジメントシステム
ISMS [JQA-IM0319] / BS7799 [JQA-IS0110] 認証取得
2007
情報セキュリティマネジメントシステム
ISO/IEC27001 [JQA-IM0319] に移行
100%出資会社「株式会社エヌ・ティ・シィ・テクノロジー」を「株式会社NTCテクノロジー」に改称
2000年
2000
オフサイトセンタ(防災拠点施設)関連プロジェクト受注
2001
移動パケットNW用GWシステムの開発に参画
2003
移動パケット交換用サイトデータ作成システムの開発開始
2004
次期NW管理用サイトデータ作成システムを開発
次期移動パケットNW用GWシステムの開発に参画
2005
ユビキタスラーニング基盤の開発
移動通信サービス制御システム全IP化開発に参画
2007
全IP化対応移動交換システムの開発に参画
2008
モバイルサイトサーバー構築に参画
2009
次期NWオペレーショントラヒック管理システム開発に参画
GISエリア戦略WEBシステム開発に参画
端末ソフトダウンロードシステムの開発参画
2010
社名を「株式会社NTC」に変更
2011
100%出資会社「日本情報通信システム株式会社」を 「株式会社NTCシステム」に改称
瀋陽恩悌西計算機工程有限公と共同出資会社「株式会社ジーエス」を 「株式会社瀋陽NTCジャパン」に改称
NTTデータコアビジネスパートナー認定
2013
本社オフィスを新宿に移転(渋谷⇒新宿)
2010年
2010
メールクライアント開発に参画
サービスシナリオ装置開発への参画
2011
法人向けAndroidアプリ開発に参画
移動通信サービス制御システム高度化開発に参画
2012
VoLTE対応移動交換システム開発に参画
法人向けSNSのサービスを開始
WeddingBellsをサービス開始
ウェディングパーティ支援サービス「BridalPress」の提供開始
スマートフォン向けマルチメディアサービスシステム開発システム参画
大手エネルギー関連会社の業務システム開発に参画
米国現地法人における技術支援
2013
スマートフォンサイト構築事業を開始
2014
BIソリューション「DRIVE-BI」のサービスを開始

灰色・・・ソフトウェア開発
青色・・・通信コンサルティング